近代の展示室、ルイ14世からナポレオン3世まで(1643年~1870年)

photo d'une salle du musée consacrée à Napoléon

時系列かつテーマに沿った展示により、フランスの軍事、政治、社会、産業の歴史を知ることができます。有名な戦いを追憶し、兵士たちの生活に思いを馳せ、この時代に名を残した歴史上の人物とともに、技術や戦術の変遷を発見してみませんか。

この展示室における展示品は、その多様さと数の多さでは世界きっての所蔵量を誇ります。兵士の軍服や上級士官の礼服、フランス国内外のさまざまな連隊の装備、武器、馬具、等級や勲章、歴史上の人物の紋章、楽器、小型の大砲に加え、ナポレオン・ボナパルトや彼を取り巻く元帥たちの個人所有物も展示されており、戦いをモチーフとした現代画家の作品がさらにオブジェを引き立てています。

旧君主国:ロクロワの戦いからフランス革命まで

Petit modèle d'artillerie

ルイ14世の統治は、フランス軍事史のなかで決定的なものとなりました。ルイ14世は常備軍を組織し、国王の征服政策のために動員しました。コレクションを通じて、軍内部における変遷、国王を取り巻く軍事環境、そして遠征、征服、歴史に残るさまざまな戦争を垣間見ることができます。

フランス革命から 復古王政まで

photo d'une salle du musée consacrée à Napoléon

ナポレオン・ボナパルトや彼の指揮した軍隊、ナポレオンを取り巻く元帥たちに関するコレクションが特に目を引きます。
フランス革命後の戦争を経て、フランス帝国の名における数々の戦争(ドイツ、プルシア、オーストリア、スペイン、ロシア、フランスなど)を中心に、武器や兵隊(歩兵隊、騎兵隊、装甲隊、憲兵隊など)の歴史の流れを知ることができます。テーマ別の展示では、戴冠式や、戦時中の調度品など、皇帝ナポレオンに関する特殊な側面も紹介しています。

百日天下(1815)から1870年普仏戦争まで

Photo d'une salle du musée consacrée à la période napoléonienne

19世紀にポスト・ナポレオンを引き継いだフランス王政は、国内の政治的傾向や国外の政治動向にあわせて軍事組織の最適化や再編成を行いました。またこの時代フランス軍は、スペイン侵攻(1823年)、イタリア侵攻(1859年)、そして1870年~71年の普仏戦争といった遠征により、欧州におけるフランスの確固たる地位を築き上げたのでした。

サル・ヴォーバン、テーマ別展示室:

Photo d'un défilé de cavaliers

1階には、オテル・デ・ザンヴァリッドの旧食堂があります。サル・ヴォーバンは第二帝国までの執政政府における14名の騎兵隊の隊列の画が飾られています。その多くはアーネスト・メッソニエとエドゥアール・デタイユによる作品です。軍事博物館と、その前身である軍隊歴史博物館の歴史と深い関係のあったアーティストたちへのオマージュです。サル・ヴォーバンは1677年~1678年にフリケ・ドゥ・ヴォロズにより制作された壁画があります。2009年に修復されたこの壁画は、ネーデルランド継承戦争(1667年~1668年)の主な逸話をモチーフにしています。